凡例でよく使用する予定フォームのフィールド名について。

Written by OnTime on . Posted in 0.よく閲覧される記事, 2.インストール(手順), 3.インストール(関連), 6.凡例(Legends), 日本語拡張機能(DJX)対応

OnTimeの凡例設定で使用できるアポイントメント(予定や会議)フォーム内の項目のフィールド名を列記しておきます。 IBM Notes式を作成する際のご参考にしてください。

  • 件名・・・・Subject
  • 種類・・・・AppointmentType
  • 非公開・・・・OrgConfidential
  • 空き時間として扱う・・・・BookFreeTime
  • カテゴリ・・・・Categories
  • 場所(所在地)・・・・Location
  • 開始日・・・・StartDate
  • 開始時間・・・・StartTime
  • 終了日・・・・EndDate
  • 終了時間・・・・EndTime
  • 議長(別名)・・・・AltChair
  • 参加者(別名)・・・・AltRequiredNames
  • 任意(別名)・・・・AltOptionalNames
  • 通知(別名)・・・・AltFYINames
  • 議長・・・・Chair
  • 参加者・・・・RequiredAttendees
  • 任意・・・・OptionalAttendees
  • 通知・・・・FYIAttendees
  • 会議室・・・・Rooms
  • リソース・・・・Resources

ちなみに複数値から一つ目の値を取得したい場合は、@Subset( [フィールド名] ; 1 ) となります。
フィールドには1や0のフラグだけが入っている場合もございます。
Notes式の詳細はIBM Notes/Dominoの説明資料をご参照ください。
適宜追加していきます。