アンインストール手順のアウトライン

Written by OnTime on . Posted in 2.インストール(手順)

■DominoサーバーでのOnTimeGCのアンインストールについて。

  1. OnTimeGC(nOnTimeGC.exe)のサーバータスクを終了します。
    「Config DB」の「Server Settings」ビューの[OnTimeGC Commands]/[-quit-]を実行するか、
    または、Dominoサーバーコンソールから “tell ontimegc quit” でも止められます。
  2. 「notes.ini」の “ServerTasks=” 行からOnTimeGCサーバータスクの記述を削除します。
    ドミノのプログラムフォルダで「notes.ini」ファイルを探します。
    メモ帳などのテキストエディタで開き “ServerTasks=、、” で始まる行を探します。
    “OnTimeGC OnTimeGC.nsf” という記述部分を削除して保存します。
    (ここまでの作業で、Dominoサーバーを再起動してもOnTimeGCのプログラムは動作しません。)
  3. テンプレートフォルダとデータベースの削除。
    (新サーバーへの移設などでDBが必要な場合は必ず複製などを実施してから削除を行って下さい。)

    インストール時に作成した6つのデータベースファイルとテンプレートファイルを保存しているフォルダを削除します。
    データベースファイルとテンプレートファイルはNotesクライアントから削除するか、ファイルエクスプローラから削除してください。詳しくはDominoサーバーの管理者にご確認ください。
  4. ドミノプログラムフォルダ内の”nOnTimeGC.exe”の削除。
    ファイルエクスプローラでドミノプログラムフォルダ内の “nOnTimeGC.exe” ファイルを削除してください。詳しくはDominoサーバーの管理者にご確認ください。以上で終了です。

 

■OnTimeノーツクライアント、OnTimeサイドバークライアントのアンインストールについて。

  • マイウィジェットでOnTimeのアイコンをマウス右ボタンクリックしてメニューから「削除」を選択してください。

 

■OnTimeブラウザクライアントのアンインストールについて。

  • クライアント端末には何もインストールされていないので作業の必要はございません。