リリースノート(Ver.10.0.0)

1.リリースノート

OnTime for Domino Ver.10 では、HCL Digital solutions との提携によるフリーミアム版も包含されてリリースされます。フリーミアム版については、https://ontimesuite.jp/news-20220928/ で詳しく説明されています。

新機能について

■OnTime Desktop クライアント

  • グループビューで、代理権限があれば他ユーザーの会議招待に応答できるようになりました。
  • Microsoft環境のユーザーも会議招待に応答できるようになりました。
  • 会議招待を承諾する際に「空き時間とした扱う」を設定できるようになりました。
  • 共有席(フリーアドレス)の繰り返し予約ができるようになりました。
  • 会議室単体予約でも当日のスケジュール状況を確認できるようになりました。
  • 共有席(フリーアドレス)でも当日のスケジュール状況を確認できるようになりました。
  • Microsoft環境のユーザーに繰り返し予約を送信する際に繰り返しパターンを正しく処理出来るようになりました。

■OnTime UFT(Universal Free Time)
 DominoサーバーからMicrosoft Exchangeの空き時間情報をルックアップする機能

  • 招待者を検索する際、ディレクトリのインターネットアドレスだけでなく、転送先アドレスのユーザー名も含めて検索するようになりました。

■OnTime Config

  • OnTime UFTタスクは、Domino 12.0.2 “Danube” の機能と競合するため、デフォルトでインストー ルされなくなりました。

■OnTime インストーラー

  • installer
    インストールするフォルダ及び利用するユーザーを指定したあとライセンス条件に同意してインストールボタンをクリックするだけでわずか数分でOnTime for Dominoをご利用いただけます。 HCL Domino 特有のテンプレートの署名、アプリケーションやグループ文書の作成、タスクやサーブレットのインストールなど面倒な作業を全てインストーラーがが実行いたします。

各種修正について

以下の明示的な不具合修正だけでなく、幾つかの安定性のための不具合修正や細かな不具合修正も行っております。

■OnTime Desktop クライアント

  • 不在申請の承認処理で申請者と承認者のタイムゾーンが違う場合に日付が正しく処理されない不具合を修正しました。
  • 種類が「予定」や「終日の予定」の場合でもオンラインミーティングの登録が出来る不具合を修正しました。
  • 会議招待の回答者の情報が正しく表示されない不具合を修正しました。
  • Microsoft Exchangeのユーザーがイベントをダブルクリックで開く際に正しく表示されない不具合を修正しました。

■OnTime Mobile クライアント

  • 不在申請の承認処理で申請者と承認者のタイムゾーンが違う場合に日付が正しく処理されない不具合を修正しました。

■OnTime ケータリング オプション

  • ケータリング管理者の名前を大文字小文字の違いだけで別と判断する不具合を修正しました。

■OnTime Main Servlet

  • ハイブリッドモードの接続方法に Microsoft Graph を使用した場合、希に必須出席者を誤って任意出席者に追加される不具合を修正しました。

■OnTime API

  • 顔写真を取得する際に短縮名を受け付ける不具合を修正しました。

OnTime Group Calendar Files

・製品情報についてはこちらのページよりご確認ください。

・最新版のプログラムファイルはこちらのダウンロードページよりお申し込みください。

関連記事一覧